ゆっくりと振り返るドイツ9日目/4月28日

前日の沈んだ気持ちを回復するには美味しいものをー!

こちら(リアルタイム記事)のとおり、バウムクーヘン食べてお土産もらって♪
レジデンツ見学してその後はシュパーゲルと白ワインいただいて♪
すっっっかりご機嫌な日でした。




レジデンツの入り口でちょっと迷っちゃった
天気よかったらテラス席も混んでたんだろうなぁ




ここでも音声ガイドが借りられます。
日本語ないのでしょうがないから英語ですが、たぶん子供にも分かりやすいように難しい言葉使ってないんじゃないかな。私でも結構わかりました。




通路がこのレベル




当時の人がちくちく縫ったのかな




大広間



ここで最後の方、おじいちゃんスタッフさんから「ニホンジン デスカ?」と声掛けてもらって(カバンに日の丸ワッペン付けてたから分かったんだと思う)ちょっと話すんだけど、どうやらおじいちゃんは画家さんで日本が大好きなんだって。
ちょっとだけどいろいろお話して…


せっかくだから写真撮ろうー!と私から言って一緒にセルフィーした写真があるんですね。
後から思い出したんですが、悪い人はネットで自分の顔を拡散されると困るから絶対写真撮らせないというのは有名な話。
おじーちゃんは「目つぶってなかったかな?ナイスに写ってる?」って写真確認したくらい写りに気をつかうほどw
だから悪い人ではなさそうなんだけど「帰国後お手紙ちょうだい」と言われて迷ってます。(すでに日本人と文通してて絵の交換したりしてとても楽しいらしい。でももっと文通したいらしい)
おじーちゃんの気持ちに応えたいのは山々なんだけどね、このご時世何も信じたらいいのか…
本当に純粋に手紙がほしいだけだとしたら胸が痛みます…



その後はフラウエン教会で悪魔の足跡もみて、ついにガルミッシュ=パルテンキルヒェンへ移動です!




雪降る中、震えながら宿をめざします…
(スーツケースころころさせながら傘さすのは難しいからカッパでよかった!)




暖炉あるー!火ついてるー!


レストランでゆっくりしすぎて宿にメールしておいた到着予定時間を1時間オーバーしたせいか受付には誰もおらず

着いたら電話してね の紙と携帯が。
電話か…やだな…と迷ってると奥から庭いじりしていたような男性が出てきて、チェックインできるか聞くとオーナーを呼びに行ってくれるらしい。
一緒に付いていこうとすると
「違う違う!えーとつまりね、キミはここで休んでていいんだよ!1人で行くから。」だって。
何で一度目で聞き取れないんだろう(涙)
もうほんと英語スキルまだまだだね


その後無事にチェックインしました。
ここも家族経営的な小さな宿なので日本のお菓子を袋いっぱいあげたらすごく喜んでくれた♪




お夕食
スーパーで買ったインスタントパスタとコールスロー
シャンピニオン(きのこ)パスタがすっごい美味しくてお土産で配りたかったんだけど嵩張るのでムリでした。。くやしい。
(お土産にはクノールのシャンピニオンソースの素買ったんだけど…ちょっとイマイチじゃなかった?なんかちょっと違って残念。)




Hotel Alpengruss ホテル アルペングルス
€ 42.50 (×2泊) 安い!!
エレベーターなかったけど2階だったからちょっと頑張れば問題なし!
宿の人みんなフレンドリーでいいとこです。



スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
プロフィール

J子

Author:J子

2009/01
父のお古でデジイチデビュー!


ド素人ながらも勉強しつつ
頑張っていこうと思いますー。

カテゴリcategory
月別archive
リンク
検索フォーム