海の男

あれから何度となく漁港へ行ってます。。。
(でもいつも行く時間が逆光ということもあって玉砕)



コイノボリ


アップ

子供の日はとっくに過ぎてるんだけど
旧暦?まで付けておくんだって。
この船のオーナーは毎年やってるらしい。


そんな情報をくれた通りがかりの漁師さん。(チャリ)
写真撮ってるとたまーに、通りがかった漁師さんが声かけてくれます。
すごく気さくでいい人ばっかり!
特に今回のオジサンは話好きで、いろいろ話してくれたんだけど
私の船に対する知識が乏しすぎて、実は言ってる意味がよくわかりませんでした・・・
(でも方言はそんなに強くないから助かる)
とりあえず
イカ釣り漁船なんかのあのランプ(写真1枚目)
1個で3000Wということだけ理解できました(´ω`*)
ほんとすごく海が好きみたいで
「海が好きな人」も、好きみたいな感じでした。ほんわか




にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
↑ランキング参加してます
なんとなく応援してくださる方はクリックお願いしますー
スポンサーサイト
     

コメント

こんにちは~。
日本海の夕陽を特集した写真集を見たことがあります。
その中にはたくさんの漁港の写真がありましたよ。
なかでも印象的だったのがイカ釣り漁船です。
1枚目の3000Wのランプに夕陽が写り込んでいる写真です。
燃えるような赤を背景にまるで灯かりがともっているようなランプ。
あれは今でも網膜に焼き付いています。
いつか私も心に残る漁港を撮ってみたいと思うのですけどね。
なかなか機会に巡り合えないのでした。
★Qさま★
ランプに夕陽が・・・
Qさんがそこまで感動した写真、きっと本当に素晴らしかったんでしょうね!
私も見てみたいです~
それにしてもプロカメラマンてのはセンスが違いますよね・・・なんでしょうアレ・・・

あの・・・Qさんてもしやプロの方??
Qさんのブログ読んでるんですが、私にはレベルが高すぎる言葉がよく出てきてます。
あいや私が無知なんですが(´ω`;)
写真も上手ですしー。

逆光の上手な使い方を覚えていきたいなーと思いますっ!
こんにちは~。
私はただのカメラ愛好家ですv
カメラを触り始めて5年目に突入したところなんですよ。
ランプの夕陽の写真もアマチュアの方が撮ったものでした。
日本海の夕陽コンテストの受賞者の作品なのですよ。
プロだけが突出しているわけではないと思いますよv
人には人それぞれの感性があります。
その感性と表現の仕方が組み合わさることでいい写真になるだけだと思います。
だから感性が合わない人の写真ではプロだろうがアマだろうが感動は出来ません。
その人の感性に自分の感性が惹かれるから、写真のあり方は千差万別なのでしょうね。
なので難しいことを考えずに写真を楽しんでください。
私も難しいことをブログで書いていますが、ただ写真を楽しんでいるだけです。
だからそんな写真に誰かが言葉を掛けてくれたらすごく嬉しいのですよ。
たぶん写真ってそこが基礎なんだと私は考えています。
撮る前のワクワク感、撮っている時のドキドキ感、撮った後のソワソワ感。
だから写真って止められないのですよねぇ。
★Qさま★
5年ですかー
もっとかと思いました~
(歳しらないんでなんともですが 笑)
でもカメラ好きなのがすごく伝わってきますっ☆


感性が合わない人の写真ではプロだろうがアマだろうが感動は出来ません。 >

↑これほんとそーですねー!!
プロアマ関係なく自分の好きな写真に惹かれますよね。

でもロンドンハーツの「奇跡の1枚」はいつも感心します(*´艸`)
Secret

     
プロフィール

J子

Author:J子

2009/01
父のお古でデジイチデビュー!


ド素人ながらも勉強しつつ
頑張っていこうと思いますー。

カテゴリcategory
月別archive
リンク
検索フォーム